プログラミングスクール

CODEGYM(コードジム)エンジニア転職|プロの評価とおすすめポイント

CODEGYM エンジニア転職|プロの評価とおすすめポイント
CODEGYM エンジニア転職の要約
  • 日本初の「出世払い」を契約を採用
  • 800時間の本格的なカリキュラムにチーム開発
  • 学習コーチングも就活サポートも1on1を実施
  • 受講生の内定獲得率が13.4%で100%就職に成功
  • CODEGYM エンジニア転職はどんなプログラミングスクールか知りたい
  • プログラミングスクールとして本当にいいとこか評価を知りたい
  • 学習内容や学習のゴール、保証制度を確認したい

プログラミングスクールを選ぶためにまずは正しく知ることが大事です。

費用面だけで決めたり、インフルエンサーがおすすめしてたからって理由だけで選んでしまうと「学習したい内容と違う」「学習についていけない」なんてことになりかねません。

そこでこの記事では、プログラミングスクール「CODEGYM エンジニア転職」に興味を持ったあなたのために

を、現役エンジニアの立場からわかりやすく解説します。

CODEGYM(コードジム)は未経験からの転職実現、趣味のアプリ開発まで、大きく3つ(新卒ITエンジニアをめざすAcademy、日本初の「出世払い」を採用したエンジニア転職、低価格でプログラミングの基礎を学ぶプログラミング教養)にターゲットを分けてプログラミングスクールを展開しています。

CODEGYM(コードジム)エンジニア転職は「国内トップクラスの学習時間で徹底的に受講生を鍛え抜く、自分を追い込めるオンライン型」プログラミングスクールです。

カリキュラムの難易度は高いですが、その分、少人数制の密度の濃い管理指導型スクールなので、挫折率は低く、就職活動の内定獲得率が7.4社に応募し、1社に内定を獲得(内定獲得率が13.4%)できているという実績があります。

また、日本で初めて「出世払い」の仕組み(ISA)を取り入れたプログラミングスクールでもあり、受講生が転職に成功した場合に限り、年収の一定割合を後払いで払う支払い方法も利用できます。

ゆうき

受講するために事前課題を提出する必要がある本気のプログラミングスクールです。出世払いの仕組みが誰もが平等に、学歴や環境に制限しないチャンスを与えてくれていますね!

  • 800時間の本格的なカリキュラムにチーム開発
  • 学習コーチングも就活サポートも1on1を実施
  • 受講生の内定獲得率が13.4%で100%就職に成功
まずは気軽にオンライン無料相談に申し込みしよう!

CODEGYM(コードジム)エンジニア転職 のサービス概要

コース フルタイムコース
※就業してない短期転職を目指す方向け
パートタイムコース
※仕事しながら転職を目指す方向け
受講費 690,000 円 (税込)
※出世払い(ISA)を含む3つのお支払い方法から選べます
形式 オンライン学習
学習期間 20週間(週あたり40時間学習)
【月・火・木・金】の10時から19時
40週間(週あたり20時間学習)
【月・火・木・金】の19時から22時
【土】の10時から15時
場所 オンラインのため全国
学習内容 長期的な活躍に必要なスキルを身につけるためのカリキュラム
学習言語:HTML/CSS/JavaScript/PHP/Laravel/SQL
学習技術:Git/GitHub/データベース/EC2(AWS)/CLI/チーム開発(Webアプリ作成)
年齢制限 原則29歳以下の方
条件付きで34歳以下までも可能
転職サポート キャリアアドバイザーによる1on1サポート、自己分析、レジュメの添削、模擬面談、技術テストに慣れる練習など、万全のサポート体制があり、提携エージェントを活用した、人材紹介プログラムを利用できるなど幅広く就活をサポート
転職成功率 100%(かつ、内定獲得率も13.4%の実績)
延長料金 要相談(学習が遅延している場合、事前にフォローが入ります)
保証制度 転職保証制度(ISA払いの場合のみ)
運営会社 株式会社LABOT

CODEGYM(コードジム)エンジニア転職 の評価

総合評価
72点(

この点数は下記の基準でつけました。

学習内容
(20点満点)
★1項目ごとに最大4点を加点
・基礎学習があること
・応用学習(ポートフォリオ制作)があること
・チーム開発を経験できること
・メンターに質問し放題であること
・学習言語がモダンであること
転職サポート
(20点満点)
★1項目ごとに最大5点を加点
・転職の基本サポートがあること
・専属キャリアアドバイザーが在籍していること
・紹介企業が豊富であること
・転職が成功するまでサポートがあること
保証制度
(20点満点)
★1項目ごとに最大10点を加点
・全額返金保証があること
・転職保証制度があること
年齢制限
(20点満点)
・制限なし(20点)から20代(10点)の範囲で点数を決定
受講費
(20点満点)
・無料(20点)から100万(10点)の範囲で点数を決定

学習内容:18点(20点満点)

18点(

チェックポイント

○基礎学習があること
○応用学習(ポートフォリオ制作)があること
○チーム開発を経験できること
○メンターに質問し放題であること
△学習言語がモダンであること

CODEGYM エンジニア転職では「800時間の本格的なカリキュラム」「リモートでもチーム開発」「1on1 コーチング」を軸に学べる環境を提供してくれます。

800時間の本格的なカリキュラム

コンピュータサイエンスの基礎から、フロントエンド技術、WebアプリケーションのAPI開発からフレームワークの活用、セキュリティ、AWS 等クラウド環境のハンズオン、LINUXサーバー、そして全国のオンライン受講生同士のチーム開発がカリキュラムに含まれます。

フルタイムコースでの例
1.Webプログラミング基礎(50~70 時間相当の事前個人学習 ※無料で提供)
・コンピュータやインターネットの仕組み
・プログラミングとアルゴリズム(Scratch)
・HTML/CSS
・PHP基礎1(基本文法)
・PHP基礎2(配列、関数)
※本申込みのために、ここで出される課題の提出が必須です。
2.Webプログラミング応用
Week 1 PHP応用 / Git
Week 2 データベース設計基礎 / SQL
Week 3 JavaScript 基礎
Week 4 JavaScript 応用
3.Webプログラミング発展
Week  5 Webアプリケーションセキュリティ
Week  6 ネットワーク・Linux基礎・サーバー構築基礎
Week  7 フレームワーク(Laravel)基礎
Week  8 品質管理・テスト
Week  9 開発手法・スクラム・見積もり
Week 10  システム設計基礎
4.Webプログラミングチーム開発
Week 11-12  チーム開発①(機能追加)
Week 13-19  チーム開発②(オリジナルアプリ)
Week 20 成果発表会

リモートでもチーム開発

カリキュラムの最後に同等スキルのメンバー3名以上で構成されたチーム開発の経験を行うことがカリキュラム修了のための必須条件です。

仕様書に基づいて、ソフトウェア設計、バックログの作成及びスプリントプランニングを行い、話し合いで役割分担のもと、Git-Flowを通じた、Pull Request(コードなどを追加・修正した際、本体への反映を他の開発者に依頼する機能)ベースの実装を行います。

これらの作業は、直接は対面したことがない受講生同士によって、全てオンラインで行われます。

チーム開発で身につける8のスキル
①開発手法の理解と実践
実践を通してスクラムの開発手法について学ぶ。
②コミュニケーション
伝え方、会議の進行の仕方、レビュー依頼の仕方などを学ぶ。
③ファシリテーション
ミーティングを通してチームが気持ちよく話すために必要なファシリテーション力について学ぶ。
④Gitの操作
チーム開発でのGitコマンドについて学ぶ。
⑤新たなツールを使う
実務でよく利用されているツールに慣れる。
⑥本格的な環境構築
AWSへのデプロイを経験する。
⑦コードの品質
ピアレビューでコードの可読性や保守性について考える。
⑧システムテスト
テスト仕様書を作成しより実践的なシステム開発を経験する。

1on1 コーチング

受講生の全ての学習時間は1分単位で記録され、毎日の出席と学習報告をコミュニティマネージャーや担当コーチが確認をします。蓄積されたこれまでの受講生の学習データに基づいて、学習進捗の遅れ等のアラートをいち早くキャッチアップし、受講生のメンタル面のサポート等、コーチングを実施します。

技術の移り変わりが早い現代においても、卒業後も自ら学ぶ力を身につけます。担当するコーチは、答えを教えるコミュニケーションではなく、答えを導く存在として、「Learning how to Learn」の精神を大切にしています。

専任講師との1on1

定期的に担当講師との1on1の機会があります。 1on1の時間には、学習に対する不安を解消するだけではなく、学習の仕方や進捗のアドバイス、また、技術問答を行い知識の定着化をはかります。

CODEGYM 1週間の流れ

まずは、学習報告を記入し目標を掲げるところからスタートします。毎日のタイムテーブルが定められており、毎週のスケジュールが決まっています。

カリキュラムは、「(動画や書籍による)インプット学習」→「コーディング課題」→「理解度テスト/総合課題」のトライアングル形式で学んでいきます。

フルタイムコース

20週間の短期集中型で、転職を目指すコース。

このコースは日中に出席する必要があるため、原則、現在就労していない方が対象です。

短期集中フルコミットで挑戦したい方が選ばれています。

推奨学習時間 40時間/週

受講期間 20週間

開校時間 【 月・火・木・金 】10:00-19:00

パートタイムコース

平日夜間と土曜日を中心に、週20〜25時間コツコツと学ぶコース。

現在のお仕事を辞めずに無理なく始めたいという方に、こちらのコースが選ばれています。

推奨学習時間 20時間/週

受講期間 40週間

開校時間 【 月・火・木・金 】19:00-22:00 【 土 】10:00-15:00

ゆうき

学習言語はPHPで昔から定番のプログラミング言語ですが、開発ツールやAWSのスキル、セキュリティ等プログラミング以外では最新のスキルを学べます。

転職サポート:20点(20点満点)

20点(

チェックポイント

○転職の基本サポートがあること
○専属キャリアアドバイザーが在籍していること
○紹介企業が豊富であること
○転職が成功するまでサポートがあること

CODEGYM エンジニア転職では、目的意識とゴールを明確にするために初週から就活のオリエンテーション(全5回の就活レクチャーとワークショップ)が開始されます。

その後、学習カリキュラムの進捗に応じてサポート体制が設計され、あらかじめ定められたオリエンテーション以外にも、受講生が不安なときに、いつでもキャリアドバイザーに1on1で相談可能です。

転職サポートは自己分析から始まり、レジュメの添削、模擬面談、技術テストに慣れる練習など、万全のサポート体制を整えています。また、提携エージェントを活用した、人材紹介プログラムを利用することもできます。

具体的なサポートとして就活に必要な知識を身につけるために全5回の就活レクチャーとワークショップを実施します。

全5回のレクチャーとワークショップ

01 就活に対するマインドセット
・CODEGYMでの就活サポートのロードマップの提示
・就活に必要な3つのマインドセット
・自己分析の習慣をつけるためのワークショップ
02 IT業界の解像度を上げる
・受託開発、SES、自社開発などIT業界の業種形態などの知見を深め、基本的な業界構造を理解する
・各業態で活躍する現役エンジニアによるパネルディスカッション
・「正しい情報」を理解し、情報の取捨選択する力を鍛える(ITリテラシーの向上)
03 自己分析
・なぜエンジニアを志望したのかの深堀り
・履歴書・職務経歴書の書き方のコツ/ 作成
・キャリアアドバイザーとのキャリア面談開始
04 就活軸の構築
・どのようなエンジニアになりたいか
・長期的なキャリアプランについて考える
・企業選定のコツ
・面談とはなにか?面談で求められるものを理解する
05 就職活動の進め方のコツ
・エントリーから内定承諾の流れ
・面談対策のレクチャー/実践練習

保証制度:10点(20点満点)

10点(

チェックポイント

✕全額返金保証があること
○転職保証制度があること

CODEGYM エンジニア転職では、初期費用のかからない出世払い契約(ISA)をすることができます。ISA契約だと、転職成功後に受講料の支払いが開始されます。逆にいえば転職できなければ、支払う必要がありません。

ISAとは

Income Share Agreement(所得分配契約)の略で教育機関と学生の新しい契約モデル。受講料の支払いが発生せず、卒業後に一定期間、給与からあらかじめ定めた割合で支払う契約です。

CODEGYM エンジニア転職では、年収下限額276万円以上で転職できた場合、毎月10%相当の金額を、30ヶ月(回)支払う契約になります。最低支払い合計額69万円、最大支払い合計額99万円に設定されています。

スクールを卒業後、転職・就職をした場合においても、額面年収が276万円に達しない期間は、一切の支払い義務が発生しません。(支払いの義務が猶予されます)あくまで猶予期間なだけで、額面年収が276万円に達した後、ISAの支払いが開始されます。

年齢制限:12点(20点満点)

12点(

申込み時に34歳までと年齢制限されており、原則29歳以下の方は条件なく入校の申込みが可能です。

30歳〜34歳でエントリー可能な方の条件

・IT・Web業界における非技術職での正社員での就労経験が累計5年以上の方

・国家資格における士業をお持ちの方で、3年以上の実務経験がある方

・公務員等、公職に5年以上務めた経験がある方

・その他、当社が入校をエントリーを認めた場合

ゆうき

30代の方は社会経験が3年以上は必須のようです。社会経験があれば入校を認められるかもしれないので入校を考えている方は、無料オンライン相談してみましょう!

受講費:12点(20点満点)

12点(

受講費はフルタイムコース、パートタイムコースとも69万円(税込)です。ISAを含め、3つのお支払い方法から選べます。

一括払い

本科手続き時に受講料69万円(税込)を支払う方法です。銀行振込み、または、クレジットカード払いから選べます。

分割払い

クレジットカードにて分割払いにて受講料69万円(税込)を支払う方法です。頭金と合わせて、3回払い、5回払いから選べます。

ISA払い

在校中の支払いは必要なく、転職が成功した後にお支払い指定いただくISA(Income Share Agreement | 所得分配契約)を採用した支払い方法です。

転職が成功した後に、月額額面の10%を30ヶ月(回)にわたって支払います。

また、ISA払いの場合、転職後の月額収入が23.1万円以上の場合、69万円を超えてしまう場合があります。支払いの上限額99万円が設定されていますが最大99万円支払うことがありえます。

ゆうき

69万円を30ヶ月で返済するわけなので利息分(通常5万円前後が相場※金利4.8で計算)がいくらか取られるのは容認できると思います。ですが、高収入で転職に成功(月額収入33.1万円以上)した場合は、最大30万多く支払う必要があるの理解しておきましょう。

CODEGYM(コードジム)エンジニア転職 注目おすすめポイント3つ

現役エンジニアの私が感じた注目おすすめポイントを3つ紹介します。

  1. ISA希望者には選考(課題提出・選考面談)があるので本気になれる
  2. 徹底したコミュニティサポートがモチベーションを管理
  3. 完全オンラインでのチーム開発を経験できる

①ISA希望者には選考(課題提出・選考面談)があるので本気になれる

ISAは、受講生とCODEGYMが共に頑張って、成功したらそれを分かち合うような契約方法です。受講生側のメリットとして、初期コスト0で学習を開始し、金銭的リスクを抑えることができ、転職後に初めて支払いが発生します。

受講生が卒業後エンジニアとして業界で活躍し続けることがCODEGYMとして最も重要です。そのため、ISAの特性上ISAでの受講を希望する場合は、本科へ進むにあたって別途選考があります。受講条件を満たした場合のみ、選考面談を受けることができます。

ISAの受講条件

  • 指定期限までにWebプログラミング基礎の学習を完了していること(テスト・クイズ・課題等の提出が必要です)
  • 学習期間中に所定回数の学習報告の提出すること
  • エントリーシートを提出すること

上記を条件をクリアした場合のみ、最後の選考面談に進むことができます。

※選考面談や課題への取り組みを総合的に評価し、最終的な本科進学の判断が決まります。

※指定期限は本科スタートの7営業日前です。詳細は入校後ご確認ください。

チェックポイント

  • Webプログラミング応用から始まる集中プログラムにコミットができそうか
  • 提出期限から逆算し自主的に計画的に学習を行えるか
  • 本当にエンジニアとしてキャリアをスタートさせる覚悟はあるか
  • 提出物を期限を守って提出できるか
ゆうき

受講者が本気でやらざるを得ない状況に追い込まれるのでモチベーションが高まるのでISAはすごくいいと思います。

②徹底したコミュニティサポートがモチベーションを管理

CODEGYMでは「みんなが居るから頑張れる」を体感できる学習環境を約束してくれます。CODEGYM エンジニア転職には専属の「コミュニティマネージャー」が在籍しています。

本科進学後、スムーズに学習に取り組めるようオリエンテーションを行ったり、スクールでの生活が有益な時間となるよう学習時間の使い方、毎日の振り返りの仕方、学習進捗の管理などをコミュニティマネージャーと一緒に行います。時には、モチベーションが上がらなかったり、学習が辛いこともあるかもしれません。そんな時は、いつでもコミュニティマネージャーに相談できます。

コミュニティマネージャーは、オンラインでも受講生のみなさんが孤独感なく、一緒に学習を頑張れるよう寄り添いサポートしてくれます。

ゆうき

オンライン学習での一番の懸念点「モチベーション管理」をしっかりフォローしてくれる環境が約束されているのは安心ですね!

③完全オンラインでのチーム開発を経験できる

実際の現場をイメージして3名以上のチームになり、オリジナルアプリケーションの立案、ソフトウェア設計、バックログの作成及びスプリントプランニングを行い、話し合いで役割分担のもとGit/GitHubを使い完全オンラインでチーム開発を経験できます。

チーム開発には良い面、悪い面があると言われます。

良い面
悪い面
  • 新しい出会い
  • コミュニケーション能力の向上
  • 教えることでレベルアップする機会
  • 合わないやつが居たら最悪
  • チーム内の理解レベルの差
  • モチベーションの差

良い面だと、新しい出会い、ファシリテーション能力の向上、コミュニケーション能力の向上、教えることでレベルアップする機会など。悪い面だと、合わないやつが居たら最悪、チーム内のレベル差、モチベーションの差があるとカリキュラムが進まないなどがあります。

とはいえあなたにとっては、どれもいい経験になるのでチーム開発を経験できるのは貴重です。

ゆうき

本格的な環境構築としてAWSを実際に使い、新しいツールも利用しつつチーム開発を行います。それに、たった数週間のチーム開発なので、もし最悪いやなことも我慢できますしね。

CODEGYM(コードジム)エンジニア転職 よくある質問

Q.プログラミング自体全くの初心者ですが大丈夫ですか?

回答を見る

大丈夫です。

CODEGYMに入校するには、無料で公開している「Webプログラミング基礎」の動画講座を受ける必要があります。

なぜなら、受講開始後は、学習中心の生活となるため、実際にプログラミング学習をしたことがない人には、まずプログラミングに触れて欲しいと考えているからです。

Q.オンライン無料相談って何をするの?

回答を見る

ヒアリング、学習相談、サービス紹介の大きく3つです。

現状の学習状況やお悩みについてヒアリングしてもらい(約10分)、プログラミングを習得するまでの流れや時間など理解し(約15分)、最後にCODEGYMの学習メソッドや就職実績など気になることを質問できます。

Q.いつから受講できますか?

回答を見る

毎月1日が入校締切日(開講の5営業日前)として設定されています。

入校申込には「Webプログラミング基礎」を完了している必要があります。(50~70時間の学習時間を要します)

また、ISA受講希望者は、各コース開始の8営業日前まで(入校締切日から更に3日前まで)に面談申し込みを行う必要があります。

面談後の最終結果にてISAでの本科への進学判断が確定します。

まずは、無料相談を申し込むことで受講への第一歩になります。

Q.経験者は受講できませんか?

回答を見る

受講できます。

プログラミングの経験がある場合は、受講期間内でよりスピーディに学習をすすめることができ、より濃くカリキュラムにチャレンジできます。

Q.どのくらいの学習時間が必要ですか?

回答を見る

トータル800時間の学習時間が目安になります。

フルタイムコースで週40時間✕20週間、パートタイムコースで週20時間✕40週間を想定してカリキュラムが組まれています。

Q.働きながら、受講することは可能でしょうか?

回答を見る

可能です。パートタイムコースを選択してください。

社会人、フリーターで働きながらでも週末・夜間時間帯で学習時間を確保できれば問題ありません。

受講者の半数以上が働きながら受講されています。

Q. 受講者同士で交流する機会はありますか?

回答を見る

あります。

CODEGYM エンジニア転職ではコミュニティマネージャーが在籍しており、オンラインでも受講生のみなさんが孤独感なく、一緒に学習を頑張れるようサポートしてくれます。
また「チーム開発」がカリキュラムに組み込まれているので、受講者同士交流する機会のある環境を提供してくれます。

Q.学習に必要なパソコンのスペックに指定はありますか?

回答を見る

指定はありませんが、以下のスペック以上を推奨しています。

-Macの場合
・Intel Core i5 以上
・メモリ8GB以上
・SSD128GB以上
※Air、PROどちらでもOK。

-Windowsの場合
・Intel Core i5 以上
・メモリ8GB以上
・SSD128GB以上

また、オンライン受講される方はインターネット環境は必須でできればカメラ(必須ではないです。)、マイク、ヘッドセットが必要になるので準備しましょう。

Q.転職先探しもサポートしてくれますか?

回答を見る

最善を尽くしてくれます。

CODEGYMが最も大切にしている思想は、「就職率」の実績値ではなく「業界で活躍する人の輩出」で、就職サポートプログラムは、あくまでご自身が希望するキャリアを見つける上でのサポートを受けます。
受講生が望む転職先が見つかることが重要なので、ミスマッチに繋がるような望まない就業斡旋を行うことはありません。
受講中から、定期的な就活オリエンテーションや一人ひとりと丁寧な面談を行い、キャリアサポートを行います。

また、CODEGYMの運営会社または提携先企業は、厚労省の職業紹介事業としての許認可を取得のうえ、卒業生の望む転職のための職業紹介を実施することがあります。

Q.ISAの支払いはいつから始まりますか?支払い方法はどうなりますか?

回答を見る

収入276万円以上の転職が成功した場合に始まります。

支払い方法は、初任給の翌日に給与振込口座より自動引き落としが始まります。

Q.卒業、就職後に給与が変動すると、ISAの金額は変わりますか?

回答を見る

変わります。

増えても、減っても毎月10%を支払う必要があります。

なお、退職した場合や何らかの事情で休職した場合など、その期間の支払いは猶予されます。

ISAが有効となる所得水準(276万円以上)で復職された際に支払いが再開されます。契約期間中は、給与の変動、転職、休職、退職などあった際、14日以内に通知する義務があります。

Q.ISAで入校申込した結果、選考に漏れた場合に一括(分割)払いで再度入校申込はできますか?

回答を見る

できます。

ISA以外の支払い方法で入校申込する場合は、選考面談等は必要ありません。本科手続き期限までに「Webプログラミング基礎」を完了し、課題を提出してください。

CODEGYM(コードジム)エンジニア転職 まとめ

を、知っていただけたと思います。

CODEGYM(コードジム)は未経験からの転職実現、趣味のアプリ開発まで、大きく3つ(新卒ITエンジニアをめざすAcademy、日本初の「出世払い」を採用したエンジニア転職、低価格でプログラミングの基礎を学ぶプログラミング教養)にターゲットを分けてプログラミングスクールを展開しています。

CODEGYM(コードジム)エンジニア転職は「国内トップクラスの学習時間で徹底的に受講生を鍛え抜く、自分を追い込めるオンライン型」プログラミングスクールです。

カリキュラムの難易度は高いですが、その分、少人数制の密度の濃い管理指導型スクールなので、挫折率は低く、就職活動の内定獲得率が7.4社に応募し、1社に内定を獲得(内定獲得率が13.4%)できているという実績があります。

また、日本で初めて「出世払い」の仕組み(ISA)を取り入れたプログラミングスクールでもあり、受講生が転職に成功した場合に限り、年収の一定割合を後払いで払う支払い方法も利用できます。

ゆうき

受講するために事前課題を提出する必要がある本気のプログラミングスクールです。出世払いの仕組みが誰もが平等に、学歴や環境に制限しないチャンスを与えてくれていますね!

  • 800時間の本格的なカリキュラムにチーム開発
  • 学習コーチングも就活サポートも1on1を実施
  • 受講生の内定獲得率が13.4%で100%就職に成功
まずは気軽にオンライン無料相談に申し込みしよう!